比翼恋理のだーりんは、STEINS;GATEのスピンゲームで

各ラボメンと岡部とのラブストーリー的な要素が多くなっている。

原作にはないギャルゲー感が強くなっており、ファンディスクとして楽しめる作品。

世界線的には「Ω世界線」での話となっており、

桐生萌郁や阿万音鈴羽などは特に、原作とは大きくことなる設定が多い。

 

分岐方法はシンプルで基本的には最初に選ぶだけですが

「誰のルートなら〇〇を選択」みたいには選択肢は出ないので、分岐の仕方も説明しておきます。

 

 

★分岐条件

分岐ポイントにおいてDメールをどのタイミングで送るかで各ヒロインのシナリオへ飛ぶ仕組み。

基本的には送る場所で各ヒロインのルートへ飛べるが、まゆりと鈴羽だけ同じ場所(Dメールするポイント)となっている。

 

まゆりルートだけは事前のメール条件を満たしていないと発生しない。

同時にまゆりルートの条件を満たしてしまっていると鈴羽ルートが消滅するので注意。

 

8月7日 ~ラボPC前にて~

12号機を作らないように示唆するDメールを送る場面で

どのポイントでメールするかでルート分岐する。

  • 「新ガジェットの開発中止」を送信⇒『 失楽のメランコリア(萌郁ルート)へ』
  • 「2号機の開発中止」を送信⇒『 猫耳乙女のドメイン (フェイリスルート)へ』
  • 「12号機をはめるな」を送信⇒ 『倒錯のアニマ (るかルート)へ』
  • 「Dメールの実験をもっとよく考えろ」を送信⇒『迷走螺旋のアルケー(鈴羽ルート)』
  • or『 華氏93度のキアロスクーロ(まゆりルート)へ』
  • 「Dメールを送らない」⇒『 哀哭悲嘆のアポリア (紅莉栖ルート)へ』
  •  

    ★まゆり条件

    「Dメールの実験をもっとよく考えろ」のDメールは

    まゆり条件を満たしていると「まゆりルート」へ飛び

    満たしてないと「鈴羽ルート」へ飛ぶ仕組み。

    まゆり条件の詳しい内容は不明だが、ここまでのまゆりとのメールのやりとりで分岐する。

     

    8月6日

  • まゆり『欠席届け』⇒返信「夏休みの宿題」
  • まゆり『大忙しなんだよー』⇒返信「補習授業」
  • まゆり『ちがうよ』⇒ 返信「テスト時間が終わっちゃうの」
  • まゆり『ちょーのーりょく』⇒既Dメールの実験をもっとよく考えろ読にする
  • まゆり『【いま』⇒返信「ありがとう」
  • まゆり『えへへ』⇒返信「オカリンは優しいねー」
  • まゆり『でもね』⇒既読
  •  

    8月7日

  • まゆり『トゥットゥルー♪』⇒返信「ラボにいるの?」
  • まゆり『ええ~』⇒返信「みんなを幸せにする」
  • まゆり『でもー(><)』⇒既読
  • これでOK。

    「Dメールの実験をもっとよく考えろ」でまゆりルートへ分岐します。

    ほかのラボメンとのメールは無視か既読のみにしておくのが無難です。

    また、鈴羽に行きたい場合は、まゆりのメールは無視すれば確実です。

    スポンサーリンク

    ★桐生萌郁ルート詳細

     

    タイムリープした先ではラボメンがバンドを組んでいた

    なにやら優勝賞金狙いでバンドを組んでいる模様(岡部には過程の記憶がない)

    肝心なボーカルを誰にするのか、、、話し合いの末?桐生萌郁が担当することに・・。

    普段、まともに会話すらできない萌郁が歌なんて歌えるのか!?

    という展開から、なぜか岡部とのラブコメ展開へと発展していく・・。

     

     

    ★フェイリスルート詳細


     

    メイドカフェメイクイーンニャンニャンが危ない!

    『フェイリス=4℃』とお約束化しつつありますが、

    4℃によってメイクイーンニャンニャンが危険な目に・・。

    フェイリスは、メイクイーンニャンニャンの新しいコンセプトの店へ変える計画をたてる。

    ラボメンも全面協力し、紅莉栖、鈴羽、るか、萌郁もメイドさんとして協力する。

    スピンゲーならではの展開で、フェイリスの話ではあるが、紅莉栖のメイドさんなどフェイリス以外の見所も満載。

    フェイリスと岡部のラブコメ展開もあります。

     

     

    ★漆原るかルート詳細

     

    タイムリープ先では、なぜか岡部はルカ子と付き合っていた。

    それもルカ子は男の子のままの状態なので実質BL・・。

    なぜ岡部は男のるかと付き合うことになったのか、

    凶真とるかの不思議なカップルもですが、厨二全開のサイドストーリーも展開していきます。

    個人的にはドラゴン登場あたりからサブく感じました。

    だーりんの中では他の話と比較するシナリオ的には・・・

     

     

    ★阿万音鈴羽ルート詳細

     

    抱きつかれたことがきっかけで、ダルが鈴羽に恋してしまう・・。

    鈴羽はすでに父親がダルであることは知っており、母親との出会いを見にきていた。

    そのことを岡部に相談し、なんとかダルのHENTAI的な恋愛を止めさせる計画を立てるが・・。

    その過程で岡部と鈴羽のラブコメな展開になっていきます。

    他の話ほど恋愛展開ではないのと、わりと原作に近い設定ではあるので面白いです。

     

     

    ★椎名まゆりルート詳細

     

    基本的には、まゆりと岡部のラブコメ展開です。

    ただ、ラブコメ展開の中にもしっかりストーリーがあり、感動もできます。

    岡部の実家であったり、岡部の親父もボイスのみ登場しますw

    だーりんの中ではストーリー完成度含み一番評価できるストーリーかなぁ(^_^;)

     

     

    ★牧瀬紅莉栖ルート詳細

     

    紅莉栖のストーリーは恋愛というよりも

    妄想乙的な要素が多く含まれており、オチも何とも言えない感じ・・

    ストーリー完成度は普通くらい。

    原作ファンなら楽しめる要素は多くあると思います。

    よくも悪くも普通くらいのストーリーだと思います。

    ---スポンサーリンク---