シャドウオブ トゥームレイダー

シャドウオブトゥームレイダーをクリアしたので感想等を書いていこうと思います。

多少内容にも触れていますが、なるべくネタバレなしの記事になっています。

まぁアクションメインのゲームなのでそもそもネタバレを気にするようなゲームでもありませんが(-_-;)

評価・採点

ゲームを独断と偏見で採点しています。

アクション性:9点
ストーリー:6点
斬新さ:6点
キャラクター:8点
満足度:8点

個人評価:37点(50点満点)

総評価:74点

アンチャーテッドの女版

自分はアンチャーテッドを1~4までプレイ済みでその後発売されたクロエが主役の外伝的なやつもやっています。

アンチャーテッド大好きな自分としては、アンチャーテッドと比較されるこのゲームをプレイしないわけにはいかないとトゥームレイダーシリーズ初プレイです。

まず気になった点は、このゲームCERO Z: (18歳以上対象ゲーム)なんですよね。

アンチャーシリーズはD(17歳以上向け)なだけに、トゥームレイダーはより過激なのかとその面にも期待です。

中身を間違えられるw

僕はアクションゲームといえども、ストーリーがあるならしっかりシリーズの順番通りプレイしていきたい派なんですよね。

アクション面での進化も体感できることが多いので、この手のゲームはなるべく順番通り(発売した)にやりたいです。

調べてみると、ディフィニティブエディションってソフトがPS4でやれる一番古いやつだったのでこれを購入。(リメイク版?)

したのですが、中身がまさかの最新の「シャドウオブ」でした(´Д`)

このシャドウオブトゥームレイダーはシリーズ完結編?とのことなのでストーリーついていけるか心配..

まぁ中身が違うことにかなり終盤まで気が付きませんでしたので、ストーリー的にはまったく問題なかったです。

ストーリーはおまけ程度?

まずアンチャーテッドと比較してストーリーは全体的にマニアックです。

内容自体はアンチャーと同じく映画のような展開でお宝目指して冒険して、悪いやつが出てきてみたいな王道展開なんですが、大前提としてトレジャーハンターの主人公と考古学者の主人公という差があるのでしょうかね。

お宝欲しさに冒険するネイト(アンチャー主人公)に対して、悪い軍団にお宝を渡さないために冒険するララ(トゥームレイダー主人公)

ストーリーに関しては分かりやすいB級映画のようなアンチャーに対して、複雑で登場キャラクターも少しインパクトが弱い印象のトゥームレイダーでした。

ただ自分はまだこのシャドウオブしかプレイしたことがないので、過去シリーズとかはもっとストーリーとか敵キャラとか強いのかもしれませんが…

敵の集団も前作から繋がっているっぽいので、やはりシリーズは最初からプレイしたほうが楽しめそうですね。

シャドウオブからのプレイだと良くわからないシーンも多かったです。

 

主人公のララは本当に綺麗ですね。「ローラだよ☆」って感じです。

※水中で息継ぎするララさん。ローラに似てるわ

アクション性

ストーリー面はアンチャーのが良かったですが、アクション性に関してはトゥームレイダーのほうが良かったですね。

CERO Zにしたことによってより過激な描写もあってそこも良いですね。ただ言うほどグロいシーンもなかったです。

規制はどんどん厳しくなってきているようですが、津波に追われる場面とかも今は規制とかうるさそうですよね…

ただ飛びついて移動するだけではなく、ロープを投げたり、ロッククライミングしたり、水中アクションもあってアクション性能自体がアンチャーよりもトゥームレイダーのほうが多いですね。

加えてゲームバランスも良し!

アンチャーは後半に行くに連れて、移動して戦闘して単調になって飽きてくるところはありましたが、、、トゥームレイダーはゲームバランスも非常に良かったですね。

 

謎解きも程よい難しさでしばらく考えると答えがわかる感じが個人的には凄い良かった。

ロープを打ち込む位置の配置とかアクション+謎解きが本当に絶妙!

攻略をいっさい見ないでクリアできました。

唯一よくわからなかった謎解き

4段目までの図柄合わせは分かったんですけど、5段目から写真を見て謎を解く良くわからないやつ(アンチャーでもよくあるやつ)

結局最大で5×5なので25パターンをテキトーにやって突破しました;;

システム面

武器強化、見た目の変化、スキルアップなどの要素もアンチャーにはない要素でした。

ただ武器強化やスキルはノーマルモードでクリアするだけならあまり気にしなくても良い感じで、やり込み要素のひとつって感じですかね。

全体的な雑感

ストーリーはいまいち理解できず正直微妙かなーという感じでした。

アンチャーのほうがストーリーに入り込みやすく映画をプレイしているという感じでしたね。

あと、想像以上にアンチャーテッドっぽいゲームだったのも「おぉ、、マジか」って感じではありましたね。

主人公のララは美形ですが、他の登場人物の女性はなかなか酷いルックスをしています。(これは海外ゲームあるあるw)

 

サーバルちゃんと戯れるララ様

 

幼女時代のララ様

顔立ちから幼女時代も期待したが、、、成人して美形になりすぎだろ…

 

SMっぽい民族衣装も素晴らしい!!

結論、主人公が美女ってだけで楽しい! 欲を言えばペティって欲しかった

 

その一方で、最後までストーリーや世界観はよくわからなかった..

 

アクションはかなり良くできていますし、グラフィックもPS4って感じで最高に綺麗です。

決して美人の主人公を操作して楽しむだけのゲームではありませんね。

まさかグラビティデイズのキトゥンちゃんと互角に渡り合える女子が出てくるとは・・

主人公が平気で人を殺害するのはさすが18歳以上ゲームだとは思いますが、そのへんの残忍さも良いですね。性格が少しクールすぎる感じもしますが考古学者だしね。

 

PS4で出てるシリーズもまだありますし、少し別のゲームで遊んだ後にまたやってみたいシリーズですね。

長さはそこそこのボリュームで15~20時間くらいでクリアできましたかね。(正確な時間が出ませんでした)

PS4のゲームは次回プレイ予定は未定ですが、ドラクエビルダーズ2はやるの確定してますが、まだ1ヶ月以上時間あるので、PS4も2~3本くらいはやりたいですね。

 

そろそろ苦手な大作RPGもやってみるか、、、イース8をやるかも悩み中です。

個人的には10~20時間くらいでクリアできる長さがベストですが、永遠に終わらないようなゲームもたまにはプレイしたい気持ちもありますけどね。

ボリュームあるゲームの苦手な自分はレッドデッドリデンプション2はさすがに手が出ないなぁ~(-_-)

---スポンサーリンク---