パワプロ2016

発売日:2016年4月28日
ハード:PS4、VITA
ジャンル:スポーツゲーム

個人評価

操作性:8点
画質:8点
内容:7点
斬新さ:4点
満足度:7点
個人評価:35点

総評価:69点

このゲームの良い点、悪い点

悪い点(デメリット)

良くも悪くも過去作から大きな変化はありません。

サクセスモード、栄光ナインなど従来のパワプロ好きなら楽しめるでしょうけど、そのへんに満足できないユーザー的にはマンネリ感はあるでしょうか。

 

パワプロ、ウイイレのような定番ゲームはどうしてもマンネリ感は避けれなくなってくるので

1作品、2作品の間を置いて購入するなどしないと斬新な感じはないかもしれませんね。

 

良い点(メリット)

99年版にあった迷宮島のようなシステムのパワフェスが追加されたのは良い点ですかね。

個人的にはパワフェスばかりプレイしていました。

 

グラフィック面では、初のPS4でのパワプロってこともありだいぶパワーアップしている印象がありますかね。

良くも悪くもパワプロって感じはしますけどね。

それでもグラフィックの進化には時代を感じますね。

 

「ここが凄い」ゲームのワンポイントレビュー

上記にもありますが、私はパワフェスをよくやっていましたね。

99年版の迷宮島も子供の頃にハマりまくっていましたし、このシステムは今やっても鉄板に面白いですね。

 

迷宮島を知らない方に簡単な説明を・・

パワフェスモードは、大会を勝ち抜いていくモードで、全部で5試合(最後の試合を含め6試合)行います。

1回戦から対戦相手を4~5チームの中から選択します。

 

rrrrrr

 

選択チームと対戦して、勝利することができると、相手チームの主力選手が仲間になります。

さらに主人公選手の能力値もサクセスのように試合に勝つごとに上げていけます。

2回戦、3回戦と同じように相手を複数の選択肢から選び対戦していきます。

選ぶチームによって強さも違いますし、仲間になるメンバーも変わってきます。

 

投手が強いチーム、打撃が強いチーム、守備が強いチームなどの特徴もあり、仲間になるメイン選手のポジションなどもあるので、主人公選手やすでに仲間になっている強い能力値の選手とポジションがかぶらないようなメンバー構成にする必要もあるので、どのチームと戦うかを考えるのも楽しいです。

 

選択できる相手チームも最初はランダムですが、途中の選択肢で特定のチームを選ばないと戦えないチームがあったり、数%の確率でしか出現しないレアな相手などもあります。

 

運要素や知識で回避できる要素なども多いため、やり込んでいくと楽しさが増してきます。

 

afff

(99年版の迷宮島では1%以下の出現率のアフロ猪狩も登場する)

 

最後まで勝ち抜くことができれば、勝ち抜いたチームをオリジナルチームとして使用することが可能ですが、、、、まぁ勝ち抜くことはかなり難しいです。。。(管理人は50回は挑戦しましたが結局1度もクリアできずw)

 

難易度の高さも含めて何度でも挑戦したくなるモードですね。

他にも定番のサクセスモード、栄光ナインモードなどもあるので、1つあれば長く遊べるゲームなのは間違いないですね。

 

このゲームをおすすめしたいユーザー

基本的には野球ゲームですから、野球が好きな人じゃないとってのはありますかね。

子供の頃によくパワプロで遊んだアラサー世代の方で、最近ゲームしてないよって人は久々にやるゲームとしては良いかもしれませんね。

 

最近のゲームは昔のゲームと比べると複雑な操作性だったり、マニアックな設定なども多くなってきてますから、昔ながらの操作性で遊べて、グラフィックだけは新しくなってますから、子供の頃でパワプロ止まってるって方にはぜひともプレイして欲しい作品ですね。

 

もちろん現役の野球少年にもおすすめですね。今も昔も野球ゲームの王道はパワプロですかね。

---スポンサーリンク---