FF10のストーリーが分かるスピラの歴史と年表

歴代の大召喚士をはじめ、スピラの歴史が分かる年表です。

1000年前

 

スピラの2大都市であるベベルとザナルカンドの戦争勃発する。
機械武装のベベルと召喚士の国ザナルカンド。
ザナルカンドも機械文明はあったが、圧倒的な機械軍事力を誇るベベルには敵わなかった。

ザナルカンドの召喚士エボンが国民をすべて祈り子に変え、ザナルカンドの姿をした「夢のザナルカンド」を召喚した。
エボンは永遠に召喚し続ける存在「エボン=ジュ」となり自身を守る鎧として「シン」を生み出した。
ガガゼト山に祈り子像ができる。

シンが暴走し、ベベルの機械文明を崩壊させる。
この際にザナルカンドも崩壊し、機械文明も崩壊する。

シンの暴走を止めるべく、エボンの娘である「ユウナレスカ」が夫ゼイオンを祈り子とする究極召喚で初代シンを倒す。

シンは究極召喚獣を核として移り変わる。ゼイオンは「2代目シン」となり残った機械文明を破壊する。

この際に人々はシンは機械文明を嫌っていると解釈したため、エボンの教えの中に「機械禁止」が確立していく。

ベベルは「エボン寺院」を設立し、究極召喚でナギ節が訪れることや、シンは人の罪で生まれた存在という教えも確立していった。

700年前

エボンの僧官オメガが寺院に反逆して処刑される。
この頃から300年間もの間、誰もシンが倒せないこともあり「エボンの教え」に対して疑問を持つ者が現れ始める。

400年前

召喚士ガンドフが究極召喚でシンを倒す。
史上初の大召喚士として崇められる。

ガンドフがシンを倒したことによりエボンの教えは信頼を取り戻してより信者の信仰を深めた。

~ガンドフのナギ節~

ガンドフの究極召喚獣が3代目シンとして復活する。

230年前

元ブリッツボールの選手だった召喚士オハランドが究極召喚で3代目シンを倒す。
オハランドは2人目の大召喚士となる。

~オハランドのナギ節~

オハランドの究極召喚獣が4代目シンとして復活する。

100年前

元討伐隊の召喚士ヨンクンが4代目シンを倒し3人目の大召喚士となる。

~ヨンクンのナギ節~

ヨンクンの究極召喚獣が5代目シンとして復活する。

50年前

ヨー=マイカがエボンの老師になる。

35年前

アーロンが生まれる

28年前

ヒトとグアド族との間にシーモアが生まれる。

25年前

ジスカルがグアドの族長となる。エボンの教えをグアド族に広める。

キマリ=ロンゾが生まれる。

20~24年前

ワッカ誕生、ルールー誕生。

グアド族にエボンの教えを広めたジスカルに対しグアド族の間で守旧派が反発する。
ヒトとの間に子供を儲けたことも理由にあった。
ジスカルは反発をなだめる目的で妻子を一族から追放した。
このことでジスカルはシーモアから恨みを買うことになった。

18年前

アルベド族のユウナの母親がベベルの僧官ブラスカと婚約する。
反エボンのアルベドと婚約したことでブラスカは寺院で出世コースを絶たれ、ユウナの母は一族を追放されてしまう。

17年前

ユウナ、ティーダ誕生。

13年前

アルベドと和解してアルベドホームへ向かう道中でユウナの母親がシンに襲われ死亡する。
この一件でブラスカは召喚士となりシンを倒すことを誓う。

10年前

ジェクトが夢のザナルカンドでシンに襲われスピラへ来る。
ブラスカ、アーロンと共にシン討伐の旅へ出る。
ブラスカはジェクトを祈り子として究極召喚で5代目シンを倒し4人目の大召喚士となる。

~ブラスカのナギ節~

アーロンが無意味な究極召喚に怒りを覚えユウナレスカへ戦いを挑むも返り討ちに合う。

ブラスカとの約束を果たすため、ベベルにいるユウナをビサイド村へ移住させようとするも、道中で力尽きる。力尽きる直前にキマリと出会いユウナのことをたくす。

キマリがベベルからユウナを連れてビサイドへ移住する。

キマリは角を折られてガガゼトを追放される。(路頭に迷っているところでアーロンと出会う?)

アーロンは6代目シン(ジェクト)に乗って夢のザナルカンドへ移住する。

9年前

ティーダの母親が夫(ジェクト)を亡くした悲しみで元気を失い死亡する。

グアドの族長とロンゾの族長がエボンの老師に就任する。
アルベド以外の亜人種が寺院勢力に加わる。

2年前

ユウナが召喚士の修行を始める。従召喚士になる。

召喚士ギンネムが道中で絶命し、ガードを努めていたルールーがビサイドへ帰還する。

1年前

討伐隊がジョゼ海岸防衛作戦を遂行し、ワッカの弟でルールーの恋人だったチャップが死亡する。

ズークのガードとしてルールーとワッカは旅をしていたが、ナギ節でリタイアしてビサイドへ帰還。

シーモアがじスカルを暗殺しグアドの族長となりエボンの老師に就任する。(ゲーム開始直前の出来事)

 

小ネタ

大召喚士はスピラの歴史上5人いるが、ユウナレスカはカウントされていない。(神扱いされているため)

ユウナを含めると、歴史上シンを倒した召喚士は全部で6名いる。

大召喚士は高齢者が多かった。

ガンドフは68歳、オハランドは73歳、ヨンクンは51歳、ブラスカは35歳で大召喚士となっている。

オハランド以降の召喚士は究極召喚で死亡することは知っているので高齢者が多かったのかもしれない…。

---スポンサーリンク---