俺の妹がこんなに可愛いわけがないアニメ1期の感想と評価

oreimo

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』アニメ1期を見ました。

簡単なあらすじ、感想、評価をまとめました。

あらすじ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
美人で勉強もできて、運動もできて、モデルの仕事までしている中学3年生の妹”桐乃”。

一見して全てが完璧な妹だが実は『隠れヲタク』で、しかも妹モノの同人誌やらエロゲーのヲタであった。

 

主人公の京介は、妹に煙たがれており相手にもされていなかったが、ある日玄関で妹が落としてしまった『星くず☆うぃっちメルル』のDVDを偶然見つけてしまう。

 

※メルルは、このアニメに登場する架空のアニメです。

WS000001

 

さらに中身は入れ替えられており『妹モノ』のエロゲーが入っていた。

 

それをきっかけに、桐乃が隠れオタクであることを知った京介は、

妹の『人生相談』としてヲタ友達を作ってあげたり、エロゲーの対戦相手になってあげたりする。

 

話は繋がっているが、基本的には1話完結となっている。

ヲタク差別を題材とした話が多い。

 

感想

序盤はかなり面白いです。

1~5話くらいまでは、かなり面白く一気に見てしまいました。

 

 

が、徐々に内容的にはイマイチになっていきますね^^;

 

第六話の『俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない』で、

京介の幼なじみの田村麻奈実が中心の話が入るのだが、正直コイツがマジいらねー!

 

 

田村 麻奈実↓
WS000000

 

 

こんな普通な顔の女の子で萌え作品の話を1話丸々使うなっての!

 

コイツは頻繁に物語に登場するサブキャラ的な存在なんだけど、ちょくちょく本編の話にも絡んでくるのがイラつく。

 

 

可愛くもなくって、ヲタクでもなくって、超普通なのになんで?って感じですわ。

 

『普通萌え♪』とか、『幼なじみ萌え』とかの需要狙ってんのかもだけど、さすがにコイツの魅力はわかんねーわw

 

どんだけマニアックなんだって感じです。

 

 

で、クソ田村がよーやく出てこなくなったってところから、

『桐乃が小説書く⇒出版されて超売れる⇒アニメ化される』

加速度的な展開でこうなります。

 

桐乃って表では完璧な妹だけど、オタクとしてはレベルが低くて、そのへんのギャップが面白味って感じだと俺は思って見てたんだけど、、、

この辺りから、桐乃がヲタとしても覚醒しちゃうんですよね(´Д`;;

 

 

最初はゲームだと沙織とか黒猫にはまったく勝てないってキャラで、ヲタクとしてはレベルが低いって感じなんですよね。

序盤のオフ会なんかでは、ヲタ相手に飾っちゃう感じとか、ヲタクなんだけどヲタクを受け入れれない感じとか、

本物のヲタク相手にはヲタ度では全然勝てないって感じがスゲー良かった。

 

 

が、、、。

小説書いて即売れるとかいう謎な完璧っぷりで一気に嫌気が差しましたね(´Д`)

なんでちょっと前までオタクをディスってた隠れオタクの小説が書いて即売れるんだよw

せめて覚醒するエピソードがひとつくらいあってもいいだろ。

 

 

ここは黒猫の本が売れるって展開で、黒猫押しの話で良かったんじゃね?

(まぁ、俺が黒猫押しなだけなんだけどねw)

 

 

とまぁ、後半は俺好みではなくなってしまったけど、キャラとか作風とかはかなり好きです。

オタク差別に関してだったり、アニメ・オタク業界の事情などがリアルに作りこまれています。

 

 

評価

①ストーリー
②キャラクター
③アニメ完成度
④オススメ度
⑤個人評価

それぞれ20点×5の総合点100点満点で評価していきます。

 

ストーリー 9/20

9点

キャラ押しのアニメなので必然的に脚本は安くなります。

それでも、単発の話は面白いのも多いです。

 

キャラ 15/20

15点

キャラ命のアニメですが、まず他萌えと比較すると登場キャラが少ないです。

1期のみの評価なので増えるかもしれないですが・・。

サブキャラが特にイマイチな印象ですね。

 

アニメーション 16/20

16点

特に問題点はないですが、逆に特別な演出もないので、他アニメよりは低い目の評価です。

 

おすすめ度 10/20

10点

おすすめするほどの作品でもないです^^;

色々アニメ見るなかのひとつって位置づけが丁度いいと思います。

その中でハマる人も出てくると思います。

 

個人評価 13/20

13点

中盤くらいまでは面白かったです。

後半からは飽きるというよりも、サブイですw

だんだんと内容についていけなくなりました(-.-)

 

総評

63点

序盤はテンポも良くってヲタク否定っていう分かりやすいテーマもあるので見やすいし、分かりやすいし、面白い。

 

後半から展開がちょっと非現実的すぎる展開になりすぎるので個人的にはついていけなくなった。

 

ただ、謎の能力バトルとか、理解不能な世界観があるわけではないので、この手の作品によくある癖は全くないと言っても良いですね。

 

萌えが苦手って人でも、

そこまで萌え萌えしている感じもないので見れると思います。

全体的な評価はちょっと辛めです。

個人的には、人気のラブライブより全然好きです。

 

 

隠れオタクが主軸の話で、主人公はオタクじゃない設定なんで、

非オタクが見ても置いてきぼり喰らわないのが一番の魅力じゃないでしょうかね。

おすすめ!ってほどじゃないけど、面白いとは思います(-.-)

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ