憑物語アニメ4話 感想まとめ こよこよ糞ワロタw

憑物語アニメ4話

無料視聴はコチラから⇒ツキモノガタリ アニメ4話

 

あらすじ

北白蛇神社に到着すると、そこには忍野扇がいた。扇ちゃんとあれこれ会話をする。

扇ちゃんがラスボス的な伏線的発言がオノノキちゃんから出たりする。

 

そんなこんなで、手折正弦の元へ向かう。その道中にオノノキちゃんと作戦会議する。

正弦の前に到着した暦。会話が続く・・・・

結果的には、オノノキちゃんが正弦を殺すというオチ。

ちなみに、アニメでの正弦はこんな感じでした。

WS000000

 

手折正弦の声優はワンピースの青キジなどの、石塚運昇さんだったと思います。

 

 

 

最後の最後は、ガハラさんも登場しました。

WS000001

二人きりのときの戦場ヶ原のデレデレした姿が見れて良かったw

 

 

この話は結局はオノノキちゃんと暦を離すための物語だったのだ。的なオチで終わるろうとしたところ・・・・

阿良々木家には、UFOキャッチャーの景品として月火にGETされたオノノキちゃんがいた。

しばらくは、オノノキちゃんは阿良々木家に人形としているらしい。結局、暦とオノノキちゃんの仲は避けられず済んだ。

おしまい

 

感想

最終話のクオリティは良かったと思います。

というよりもオチに進むにつれてカットできなくなるので、早い展開でなく尺も使えたほうじゃないでしょうかね。

 

やはり、物語シリーズはアニメを見てから小説を読んだほうがいいという結論にたっしました。

それが一番の感想ですね。だから終物語は小説読まないでアニメ化待っていよう。

憑物語のアニメは全体的には、イマイチかなぁ~と思います。原作自体、クオリティ高かった恋物語や傾物語に比べると今ひとつですねー

 

いつまでも延期状態の傷物語の映画化の話が早くすすむといいなぁ~。終物語よりは早くアニメ化してほしいところです。

関連記事一覧

  • 憑物語1話感想
  • 憑物語2話感想
  • 憑物語3話感想
  • -------スポンサーリンク-------

    このページの先頭へ