WS000009
 

 

物語シリーズに登場する貝木の名言をまとめてみましたー

 

貝木は偽物語、恋物語に主に登場しますね!

スポンサーリンク

 

物語シリーズ名言 貝木泥舟

 

 

 

●『偽物のほうが圧倒的に価値がある。そこに本物になろうという意思があるだけ偽物のほうが本物よりも本物だ。』

WS000011

偽物語にて、貝木が言った名言。

哲学的なセリフですね^^貝木のよさがひきたつ名言です。

 

 

 

●『約束を守るのはとても大切なことだ。崇高と言ってもいいかもしれない。』

WS000002

貝木が、神化した撫子にはじめて会ったときに撫子に対していったセリフ。

このあとに、「俺はそんな心にもないことを言って話題を合わせる」と続く・・

 

詐欺師らしい貝木のこのセリフ!詐欺師の貝木が言うからこそ、心に響く名言です^^

 

 

●『俺はかなり野暮で世間知らずの男だがな、レディーをエスコートするときには当然店の予約をする。』

WS000010

戦場ヶ原と駅で待ち合わせて、「レディーをエスコートするのに店の予約もしないの?」とひたぎに聞かれて返したセリフ。

貝木はレディーをエスコートするのかよ!って感じですねw らしい毒もあって印象に残っているセリフです。

そのあとの、ひたぎの下打ちも含め最高です^^

 

 

 

●『今度言ったらぶっ飛ばすからな』

WS000012

ガエンの伝言を伝えに来た斧乃木が、最後に「ピースピース」と言ったことに対して言ったセリフ。

この件は何回見ても面白いね^^ 貝木が言えば十分に名言だと思う!

 

 

●『それは子供の理屈だな。大人はそう簡単には仕事をなげださない』

WS000001
ガエンから300万円を受け取り、300万円もらえて仕事続けても辞めてもどちらでもいいなら、普通辞めるでしょ。と、ひたぎに言われたときに返した名言。

これは、深いセリフですねー!もちろん僕は簡単に仕事をやめる方です!貝木さん大人~♪

 

 

●『言葉なんてのは全部嘘で全部ペテンだ。どんな真実であろうと語った瞬間に脚色が入る』

WS000014
恋物語で、最後撫子が暴走する直前のフリで言うセリフ。

毒があっても、どこか貝木の言うことは説得力ありますよねー。誰かに言ってやりたいセリフです^^;

 

 

 

 

●『なんだよあのとろけるようなご都合主義のラブコメは、80年代かよ!あんな男が現実にいるかよ!』

WS000005

最後の撫子の説得の場面。撫子の漫画を読んだ感想をのべる貝木のセリフ。

80年代かよ!が心に響きますねー!実に貝木らしい名言?ですw

 

 

 

 

●『俺は金が好きだ、なぜかと言えば金はすべての変わりになるからだ。・・そしてその上でかけがえのない物ではないから好きだ。逆を言えば俺はかけがいのないものは嫌いだ。』

WS000013

VS撫子のクライマックス!
実際はもっと長いセリフですが、ここのセリフはとくに哲学的で心に響きます。

貝木~~~かっけー(゚Д゚)

---スポンサーリンク---