カイジ161話ネタバレ感想 【ワンポーカー編】

カイジ161話『遮断』内容

~前回まで~
カイジ160話感想
カイジは、チャンとマリオの命をかけて再延長戦14回戦に挑んでいる。和也は【ダウン・ダウン】カイジは【アップ・ダウン】の場面で、命のかかっているカイジは確実に勝てるアップで命を拾ってくると軽く読んでいた和也だったが、レイズしてきたカイジに対して長考中。

 

和也の心の声「カイジはあえてダウンカードを出してくるのではないか?」

 

すべての事象がアップカードをだすべきという流れだから、あえてダウンカードを出してくるのではないか?

 

カイジの表情を見て看破を試みる和也であったが、カイジは無表情で表情からカードを読み取ることができない。

 

和也は気づいた・・カイジの表情から読み取ることができなくても、チャンやマリオは自分の命をかけられている状況。

 

もし、カイジがダウンカードの中でも弱い2や3をブラフで出していたとするならば、チャンやマリオは表情に出てしまうと。

 
カイジ161

 

しかし、チャンとマリオの表情からも和也はヒントを得ることができない。

表情からなにも掴めないということはありえないのでは?と思う和也。

 

 

つまりカスカードで仮にカイジが勝負していたとしたら隠しきれない焦りなどが表情に見られるハズだと・・・

 

WS000007

 

カイジ161話 完

 

 

まとめ

相変わらず、和也の長考のみで終了という贅沢な尺の使い方をしております。

なかなかストーリーが進まないですね(^^;おまけに休載も多いですし、これでは緊張感もないです。

今の流れからして、和也が勝負を降りそうですね。で、実際カイジはダウンカードを出していたって感じになりそうですかね。

 

ちなみに、カイジの手持ちカードは【2と8】なので、仮にカイジがダウンカードを出していたとしたら2なわけで、和也に勝負をされたら確実に負けます。和也の手持ちカードは【6と7】です。

 

この件で何週も使ってますから、こっからカイジの逆転劇まで描くとなると、、、、あと2~3年は続くのでしょうかねぇ~。

だんだんとアカギの鷲巣編のようになってきそうです(^^;

ゲーアニマ移転のお知らせ

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ