カイジシリーズの中での名勝負やオススメの回などを紹介します。

 

名勝負(ギャンブル)

 

VS船井(限定じゃんけん)

船井

カイジの初めてのギャンブルの舞台となった客船エスポワール号での名勝負。

初めに100%の必勝法があるとカイジに近づき、あいこ戦法を伝える。

そしてミスを装いあいこでなく勝つという戦法。カイジが初めて騙された相手であり、カイジという作品を象徴する『裏切り』を最初に見せた男でもある。

 

カイジと船井の最終戦は必見です。

また、映画版カイジではその後、議員となりなにかと問題を起こす山本太郎氏が演じているのも味があって良いね(^^;

 

WS000001

 

 

人間競馬~鉄骨渡り

鉄骨

カイジシリーズで最も熱かったと言っても過言でない編のスターサイドホテル編。

ここでカイジは帝愛の幹部と会長とギャンブルをするわけだが、その前座的なギャンブルとして人間競馬や鉄骨渡りがある。

もはや、ギャンブルというよりも命懸けのゲームなのだが、、、特に鉄骨渡りは『落ちたら即死』という条件で『死』が隣り合わせにある条件なので名言も多く出ている。

結果的に、鉄骨渡りではカイジ以外の参加者は全員死ぬこととなる。

 

 

VS利根川(Eカード)

Eカード

カイジの作中で登場するオリジナルのギャンブルは数多くありますが、中でもEカードというギャンブルは最も面白いのではないでしょうか?

カイジを読んだ人ならEカードを友人としてしまった人も多いのでは?笑

加えてカイジシリーズの中で登場するキャラでも人気も高い利根川が相手となれば当然激アツです。

個人的には、VS利根川のEカードがカイジの中で一番の名勝負で、おすすめ場面です。

現在もカイジは週刊連載中ですが、今後このEカード戦以上の勝負は描けないんじゃないかなぁ。

 

 

VS兵藤(くじ)

兵藤会長

利根川との死闘を制して、いよいよ黒幕の兵藤とカイジが激突!

ここでカイジが見事勝利して、カイジ連載終了。というベタな流れでも、今にして思うと良かった気もしないでもないけど、、、やはり兵藤戦のクオリティも高いですね。

 

兵藤との勝負での小細工を仕掛けるカイジの心理や、何も考えてないようで計算している兵藤の心理なども面白いです。

くじ引きというギャンブルというにはあまりに面白味のないテーマでここまで面白く描けるものか!?

と、初めて読んだときは衝撃を受けましたね(*´д`;)

 

 

 

VS大槻班長(チンチロリン)

WS000003

兵藤に敗れて近行きとなったカイジ・・。

そこでもカイジに悪魔が待っていた。名言も多く生まれたカイジ地下チンチロリン編ですが、地下編の最後の勝負チンチロリンも、もちろん面白いですが、やはりそこにたどり着くまでの心理戦などがカイジの最大の魅了ですね。

 

この勝負に関しては、チンチロリンという運要素の強い勝負で、どーやって運以外の部分を見せるのか?

というところだと思うのですが、それでもしっかりと面白く描けていましたねー!福本先生には感服ですm(_ _)m

 

 

VS一条(沼パチンコ)

一条

地下を一時的に抜け出して、自分と仲間分の借金返済(ウン千万円)を目指して一時シャバへ戻るカイジ。

そこでカイジを迎え撃ったのは、やはり帝愛グループであった。

この編で登場する坂崎のおっちゃんは、いいキャラでしたね。坂崎の沼挑戦も良かったです。

 

「カイジが面白かったのは沼編までだ。」という意見も多いですが、、、正直僕もそう思いますね(^^;

沼以降のカイジは、17歩やワンポーカーなど、オリジナル性の高いギャンブルは登場しますが、利根川のEカード編などと比べると相手のキャラも弱いし、展開も遅く、似たり寄ったりの思考連鎖パターンがさすがに多すぎますね。

 

 

 

それでもカイジは面白いですからねー。今後も愛読を続けます。

利根川の名言集はコチラから
利根川名言集

---スポンサーリンク---