WS000001
 

ハンターハンターの一番面白い編は何編でしょう・・。

ランキング形式にしてみました。

スポンサーリンク

 

 

ハンターハンターには何編があるのか

・ハンター試験編
・ククールマウンテン編(キルア奪還)
・天空闘技場編
・ヨークシン編
・グリードアイランド編
・キメラアント編
・会長選挙・アルカ編

 

ハンターハンターの編は大きく分けると、上記7つの編に分けられます。現在会長選挙・アルカ編が連載中なので、もっと増えるかもしれないです。

 

 

ハンターハンター ○○編ランキング

 

6位:ククールマウンテン編(キルア奪還)

ゾルディック家の屋敷にゴン、クラピカ、レオリオの3人でキルアを助けに行く編。

ハンター試験からの流れで突入する編なので、そのままの流れで見れるけどトータル的な評価だとあってもなくてもいいような編だとは思う。面白いかと聞かれれば普通に読めるクオリティだし、まだ序盤なんで新鮮なんだけど・・・

あとから見返すと、戦闘のレベルが低くてちょっと萎えるw

 

 

5位:キメラアント編

一般評価も賛否両論ある編だが、個人的にはハンターハンターの編の中で一番イマイチだと思う。(キルア奪還は正式には○○編ではない)

アニメで見るとクオリティが落ちると言われているが、漫画でも期待するほどのクオリティは感じなかった。

キメラアント編連載当時もジャンプで読んでいたけど、休載ばっかで萎えてたな(*´д`;)

王が出てくる前くらいまでは面白くなるような気もしたけど、ゴンが急速に強くなったあたりから面白さ的にはなくなったと感じた。

 

 

4位:グリードアイランド編

嫌いではないけど、何度も読み直そうとまでは思わない。

文字も多いし、細かいルール設定も多い。ヒソカとドッジボールやるくらいまでが山かなーと思う。

ビスケもイマイチ師匠役としては弱いかなーって感じだし、旅団の登場が控えめだったことや、ボスキャラのゲンスルー(ボマー)がイマイチパッとしないのもマイナス点かなー。

ハンターはんたーって決してマニアックってことはないんだけど、念とかグリードアイランドの設定なんかもイマイチ好きになれない。

 

 

3位:ハンター試験編

ハンターハンターは、ハンター試験から始まります。

人気漫画でも連載当初はイマイチ盛り上がりにかける展開の漫画も多いけど、ハンターハンターは最初っから面白くなりそうな匂いがプンプンします。

実際に、最初のハンター試験は念の概念もないし、能力バトルではなく頭脳戦の展開が多いので読んでいて楽しい。

念の概念が登場してからは、バトルは能力によるものになってしまったので、そもそも戦闘スタイルや次元がまるで別者となっている。

 

 

2位:天空闘技場編

念の概念がはじめて登場した編。徐々にハンターハンターの作風が固まってくる編でもあるかな。

なのでこの編から戦闘が大きく変わる。キルアなんかハンター試験のときから化物染みた力を見せていたが、念すら使えてなかったと思うと別作品に思えてしまうくらいの要素を取り入れたなと思う。

まぁ物語序盤で登場したのでまだ不自然感はワンピースの覇気ほどではないです。

でも、こっから念も入れた戦闘になるわけだけど、作品自体のクオリティは上がっていく感じ。ヒソカとカストロの天空闘技場での試合は何度見ても痺れます!

 

 

1位:ヨークシン編

やはりハンターハンターといえばヨークシン編を指すというところはある。

どこの評価を見てもぶっちぎりで一番面白いと評価されているのがヨークシン編。年の概念も登場し、バトル物として本格化してきたところに幻影旅団の登場は大きい。キャラクター設定がうまいですね。

団長とキルアの親父とじいちゃんのバトルはハンターハンターの歴史の中でも屈指の高カードですね。

クラピカと旅団の因縁の本丸の話も面白いし、水面下で動いているゴンたちの話も面白い。

 

ヨークシン編から徐々にクオリティが低下してきている感が否めないと個人的には思うが、それでもグリードアイランド編もキメラアント編もうまく繋げてる。

 

まとめ

1位:ヨークシン編
2位:天空闘技場編
3位:ハンター試験編
4位:グリードアイランド編
5位:キメラアント編
会長選挙・アルカ編はまだ完結してないのでランクには入れてません。一般評価は結構高めですね。僕はまだ触りしか読んでないので完結したら読んでみます。

 

下位に評価した編も普通に面白いです。やはり人気作品だけあって読めないクオリティの編はないですね。

 

 

おすすめ記事

ハンターハンター名勝負と名シーンまとめ

---スポンサーリンク---