北斗の拳キャラ年齢まとめ

北斗の拳のキャラ年齢をまとめました。

北斗の拳 主要キャラの年齢一覧表

北斗の拳のキャラクターは正確な年齢が判明していないキャラクターも多いようです。

ただし主人公のケンシロウの年齢は18歳(初登場時)と設定されていたみたいです。

ケンシロウの年齢が18歳というのは少し驚きます…。

その他の主要キャラの年齢はある程度ストーリーの時系列やケンシロウとの関係性、見た目などから推測できます。

例えば、ケンシロウには3人の義兄弟がいますが、ラオウは北斗4兄弟の長男なので一番年齢がいっています。

さらにトキとは実の兄弟でもあり、幼少期の見た目の差などから4~5歳ほど離れていると予想できますね。

以上のことなど考慮すると、だいたい主要キャラの年齢は以下の感じになります。

 

北斗の拳 主要キャラ年齢

 

ケンシロウ・・18歳~(初登場時)

シン・・18歳

ユリア・・18歳

ジャギ・・20歳前後

レイ・・22~23歳

ユダ・・22~23歳

トキ・・23~24歳

ラオウ・・27~28歳

サウザー・・27~28歳

シュウ・・35歳前後

ヒューイ・・20~22歳

シュレン・・23~24歳(ヒューイの兄?)

ジュウザ・・27~28歳

フドウ・・35~40歳

リハク・・50歳前後

バット・・10~12歳

リン・・7~8歳

 

ザックリとこのくらいの年齢だと思われます

シンとユリアはケンシロウと同い年だと予想されます。

バットは小学校高学年くらいの年齢でリンは小学校低学年くらいの年齢だと思われます。

北斗兄弟に関してもケンシロウの年齢から逆算していくとこんな感じになるのではないでしょうか。

サウザーはおそらくラオウと同世代で、フドウやその上の世代、ジュウザはラオウと同世代。

レイやユダはサウザーより少し若いと予想。トキと同じ年代。

 

ちなみに続編の北斗の拳2(修羅の国編~)ではこの10年後の世界を描いているので、ケンシロウは30歳前くらいの年齢でリンが18前後、バットも20歳そこそこになって再登場します。

---スポンサーリンク---