花物語-するがデビル-アニメ4話感想・暦登場【ネタバレ】

WS000001
 

花物語アニメ4話のあらすじ、感想をまとめました。

 

 

沼地がコレクター活動を
開始した理由を語るところから再開

 

 

貝木泥舟との出会いなども語る・・・・

 

 

足があくまのパーツと化している
花鳥 楼花(はなどり ろうか)の話がはじまる

 

 

一通り話を終えて、沼地は去っていった・・。

 

 

駿河帰宅で自宅でグッタリ・・・

すると、阿良々木火憐から電話がかかって来る。

 

 

沼地の詳細が分かったという火憐

沼地蝋化にはもう会えたからいいという駿河に対して・・・

 

 

沼地蝋化は3年前に自殺したという火憐

 

よく分からんが、マラソンを始める駿河・・・・

 

 

走りすぎてぶっ倒れたところで、
偶然車の免許を取ってドライブ?していた阿良々木暦と遭遇!

WS000004

めっちゃロン毛になっている暦w

 

 

そのまま
暦の車で送ってもらう駿河。

暦と駿河の会話でそのまま花物語アニメ4話終了。

 

 

 

まとめ・感想

面白くないです(笑)

花物語かなり期待してたんですけどねー

 

 

時系列的に、物語シリーズ最後の話となる花物語ですけど

やはり、物語シリーズのメインキャラ不在なのが痛いのか・・。

 

 

個人的には、最終話を見るまでもなく駄作でした。

早く傷物語がアニメで見たいです。

 

次に読みたい記事

花物語アニメ5話感想

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ