花物語アニメ2話 貝木・感想【ネタバレ】

WS000001
 

花物語の2話の感想です。

この話で貝木が再登場します。

 

 

花物語アニメ2話 あらすじ

 

朝目が覚めると、左腕が人間の腕に戻っていた駿河・・。

 

嬉しくなってマラソン開始

 

 

登校のシーンへ切り替わり
また扇と悪魔様の話をする

 

教室のシーンになり
日傘との会話・・。日傘に沼地についてのことを聞く駿河

 

 

電車で別の街へ出かける・・。

 

 

 

すると、
駅を降りたところで貝木泥舟と遭遇する駿河。

 

WS000004

ヒゲを蓄えていて見た目が変わっていますw

 

 

 

貝木の姿を見て逃げる駿河・・・。
追う貝木・・・・・。

 

捕まえる貝木。
捕まる駿河・・・。

 

 

なんだかんだで、貝木のおごりで2人で焼肉屋へ

 

 

焼肉屋で貝木と駿河が色々と話しこむシーンが続く・・・。

 

 

 

そこで貝木が昔、駿河の母に世話になった話や
悪魔のパーツを集めてるコレクターそのうち駿河の元に来ると聞かされる。

 

 

 

最後に名刺を駿河に渡して帰ろうとする貝木

 

 

足止めをする駿河

 

 

「自分がこの街に来るのをなぜ知っていたのか?」を貝木に問う駿河・・。

 

 

 

貝木「聞いていたからさ、お前の友達に」

 

駿河「日傘に聞いたの?」

 

貝木「そんな名前じゃなかったな、あのガキは・・・」

貝木「沼地、沼地蝋化・・たしかそんな名前だった」

 

 

花物語アニメ2話終了。

 

 

●まとめ・感想

貝木が再登場!

貝木登場だけあって良かったですねー!この回は(^^)

 

貝木と駿河が遭遇して貝木が追いかけるシーンを面白いです(笑)

 

 

物語シリーズ特有の長い会話が多い回なので
この回はストーリー的な展開は特になし。

 

 

貝木と沼地の関係は!?みたいな感じで終わり。

 

うん。貝木の髭・・・。似合わねぇ( ゚Д゚)

 

関連記事

花物語アニメ3話感想

花物語アニメ4話感想

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ