花物語アニメ1話 感想【ネタバレ】

WS000001
 

物語シリーズシーズン2で唯一公開されていなかった花物語が

2014年8月16日に放送されましたねー

あらすじ、感想などまとめてみます。

 

 

花物語 第一話感想

舞台は暦達が卒業した直江津高校

神原駿河が高校3年生になっている。左腕は相変わらず猿のそれであった。

 

 

駿河が忍野扇から『悪魔様』の噂を教えてもらうところから物語は始まる。

 

教室で、日傘(バスケ部の同期)との会話のシーンとなり

日傘に『悪魔様』の噂を知っているか聞いてみると、直江津高校で流行っている噂だと知る。

 

 

また、扇との会話シーンへ・・・

 

 

ちなみに、扇は男子生徒になっています。
WS000002

 

 

電話で火憐ちゃんにも『悪魔様』の噂の情報を教えてもらい、悪魔様との合い方を教えてもらう。

 

 

 

そして、駿河は『悪魔様』に会いに行く・・・

 

 

 

 

 

そこにいたのは、
駿河の中学時代のバスケットのライバル関係にあった『沼地蝋化』(ぬまちろうか)であった。

WS000003

 

沼地は怪我でバスケをやめて
今も松葉杖をついて片足には包帯を巻いていた。

 

 

 

沼地がなぜ悪魔様をやっているのか?

 

 

という聞き出す件が続く・・・

 

 

結局は沼地がやっていることは悪ではないと判断し、自分自信が悪魔様ではないと分かって一安心した駿河・・・。

 

 

 

家に帰って翌朝目覚めると、左腕が人間の腕に戻っていたのであった・・。

 

花物語 第一話終了

 

 

●まとめ・感想

セカンドシーズンで唯一放送されていなかった花物語・・。

しかも、放送日は元々5月30日~だったのにそれも延期になりで

よーやく見れる( ゚Д゚)

 

 

と、

 

 

楽しみにしていたんですけどねー

 

 

う~ん

 

 

1話を見る限り・・・・・

 

 

イマイチ(笑)

 

 

なんだろう。話についていけない感がある。

主人公が駿河っていうのもイマイチな理由なのか・・・。

 

しかも、変態キャラであるところの神原駿河がマジメ。

1話通してずーと、マジメ(笑)

悪魔様って何?って感じでした(´д`)

 

 

最後の終わり方は、目が覚めると腕が治るってとこで終わるので

 

かろうじて、
次回に対する期待がもてる感じで終わったところは評価できるか。

 

 

物語シリーズははじめイマイチなストーリーも多いけど、
花物語は1番ひどい立ち上がりですね。全体のストーリー自体に期待です。

次に読みたい記事

花物語アニメ2話感想

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ