ドラゴンボール超1話の放送を見た感想

ドラゴンボール超がいよいよ放送開始されましたね。

第一話を見た感想と気になって点を紹介します。

時系列

WS000005

 

時間的にはブウ戦から少しした時期くらいのようで

悟飯とビーデルは結婚していましたが、パンはまだ生まれていませんでした。

悟天やトランクスはまだ子供でした。

 

原作の最終回よりも時間軸的には前の話となっています。

大好評だった映画『神と神』を再現する時間軸になっているようですね。

今後は破壊神ビルスやウイスの登場もあるようです。

 

ドラゴンボール超1話の感想

WS000006

 

ドラゴンボール超は

鳥山明が原作を担当して18年ぶりのオリジナルストーリーとなっています。

 

なので当然期待してしまいますよね♪

第一話を見た感想としては、、、、

 

ストーリーなっっっ!

 

って感じでした^^;

 

 

平和になったドラゴンボールの世界で悟空もせっせと農業に勤しんでいましたw

これといった戦闘シーンなどもなくストーリーは悟飯の結婚祝いとして

悟天とトランクスでビーデルのために結婚祝いをプレゼントしてあげるというもの。

普通にドクタースランプみたいな感じになってしまっていますw

 

途中でビルス様も登場して今後のストーリーの伏線のようになっていました。

来週もベジータの家族サービスの回のようなのでしばらくはダラダラと平和な世界の感じが続くのでしょう。

ビルスがストーリーに絡むくらい登場してから盛り上がってきそうですね♪

 

 

OPに出てるデブVERのビルスみたいなやつも気になります。。。

 

WS000007

 

ウイスに似た付き人もいますが、こちらは美人ですねw

今後の展開が楽しみです♪

-------スポンサーリンク-------

このページの先頭へ